サーバー証明書利用規約

当社サイトを通じてサーバー証明書の利用を申し込んだ時点で、自動的に当社規約及び、証明書発行元認証局の規約に同意したとみなします。 これら規約に同意いただけない場合、当サービスのお申し込み、及びご利用はできません。

W3Lab サーバー証明書利用規約

第1条(利用規約)
  1. 本規約は、W3Lab(以下「当社」という)が選定した認証局が発行するサーバー証明書の取得代行サービスを、 下記所定の会員(以下、「会員」という)が利用するについての一切に適用します。
第2条(本規約の発効)
  1. 本規約は、別途定める所定の申し込み方法により、会員がサービスの利用を当社に申し込んだ時点で効力を生じます。
第3条(本規約の変更)
  1. 当社は業務遂行の為、会員の了承を得ることなく本規約の条項を随時改訂することができるものとし、 当社インターネット・ホームページ上に1ヶ月表示した時点で、全ての会員が了承したものとみなします。
第4条(会員)
  1. 会員とは、当社に取り扱いサービスの利用を申し込み、当社がこれを承認した者をいいます。
  2. 会員は申し込みの時点で本規約の内容を承諾しているものとみなします。
第5条(電子メール)
  1. 当社、並びに会員は、電子メールを信書として使用するものとします。
第6条(発行申請等)
  1. 当社は会員から受領したデータ(必要に応じ書類)に基づき認証局に対し証明書発行申請の手続きを代行します。認証局は、それらのデータ(必要に応じ書類)に基づき、認証手続きを行います。
  2. 認証局より、追加書類の提出等、連絡・要請があった場合は速やかにその旨を会員に通知するものとし、会員は速やかに該当要求に応じるものとします。
  3. 証明書発行の可否は、認証局により判断されます。当社は証明書発行申請の手続きを代行するものであり、証明書発行に関わる決定について何ら責任を負いません。
第7条(サービスの一時的な中断)
  1. 当社はサービスの販売を行うもので、サービス自体を提供しているものではありません。認証局が、システム的問題・災害等によって、会員に事前の通知をすることなく サービスを一時中断する場合があります。
  2. 当社は認証局のサービスの一時中断、提供の延期等に起因する会員又は会員サイトの利用者 (以下、「利用者」という)の損害については一切責任を負わないものとします。
第8条(利用料等)
  1. 当社は認証局からサーバー証明書を代行して購入しているため、会員が契約期間中(証明書が発行された時点から以降)解約をお申し出された場合、一度受領した利用料の返金は一切行えません。
  2. 何らかの理由で認証局より証明書が発行されなかった場合、証明書費用は返金します。
  3. 当社は為替の変動等の理由で、利用料の変更を出来るものとします。
第9条(処分、拒否等)
  1. 認証局が会員の認証局の規約に反する行為等を確認した場合、サービスの停止を行うことがあります。 それにより会員、又は利用者に不利益が生じたとしても当社は一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は当社規約に反した行為、認証局規約に反した行為、またはそれに準ずる行為を行った会員の申し込み・更新申請について、受け付けを拒否することが出来ます。
第10条(契約終了)
  1. 当社、又は会員から特に意思表示がない限り、当社と会員の契約は各契約内容にもとづく期間で終了するものとします。
第11条(自己責任の原則)
  1. 当社は会員と利用者とのトラブルにはなんら関知することなく、また一切の責任を負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
  2. 当社は会員のホームページの内容等により発生した全ての訴訟および損害は、一切責任を負わないものとします。
第12条(変更の届出)
  1. 会員は住所等、当社への届け出内容に変更が生じた場合は、速やかに当社に変更の届け出をするものとします。 又、届け出が無かったことで会員に不利益が生じても、当社は一切その責任を負わないものとします。
  2. 契約者の名称もしくは氏名、住所、担当者等に変更が発生した場合でも、証明書に含まれる情報の変更は行えないものとします。 契約者は、名称等の変更が必要な場合、再契約となることをあらかじめ承諾するものとします。
第13条(補償)
  1. 当社はサーバー証明書の取得代行をするものであり、補償に対しての業務は一切行わないものとします。
第14条(サービスの提供の中止)
  1. 当社は、各サービスの提供がやむを得ない理由により困難になった場合、サービスの一部又は、全てを中断、廃止、中止できるものとします。
    その場合、該当サービスを利用する会員に対しては速やかにWeb、又はメールにて通知するものとします。
    又、当社は、サービスの提供の中断、廃止、中止に起因して発生した、会員並びに利用者の損害については一切責任を負わないものとします。
第15条(キャンセルの扱い)
  1. ProBizコースもしくはW3Lab外サーバーの場合、認証局が証明書を発行した日から7日以内で、正当な理由と認められる場合にはキャンセルを受け付けます。キャンセルの場合、お支払いいただいた料金から支払手数料とサーバーインストール料相当額を除いた金額を、入金いただいた方法に基づき返金します。
  2. MultiBizコースの場合、発行元へのキャンセルができない扱いとなっているため、当社でのキャンセル・返金も一切受け付けられません。
​第16条(損害賠償)
  1. 会員が本規約に違反して当社に損害を与えた場合、当社は会員に対して当社が被った損害の賠償を請求できるものとします。
​第17条(責任)
  1. 当社は、会員が本サービスの利用に関して損害を被った場合でも、理由の如何を問わず、いかなる責任も負わないものとします。
    ただし、会員がSSL通信中の情報の漏洩などCOMODO社、Geotrust社およびシマンテック社のSSLに起因する問題で損害を被った場合、各社契約内容にある補償金額をCOMODO社、Geotrust社およびシマンテック社に請求することができます。なお、請求処理は会員において行い、請求に必要な書類は会員にて用意する必要があることをあらかじめ承諾するものとします。
    なお、MultiBizコースのCPI SSLには補償の規定はありません。補償をご希望の場合には、補償規定のある証明書を選択してください。
第18条(その他)
  1. その他、本規約に記載されていない事項は、当社W3labの規約に順ずるものとします。 また、その他の事項に関しては、法律で定められている事項に従うものとします。
第19条(専属的合意管轄裁判所)
  1. 会員と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、 岡山地方裁判所を会員と当社の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

同意事項

当社が提供するSSL証明書は、COMODO社、ジオトラスト社、シマンテック社、KDDI社より発行されるものであり、会員はこれらの「発行機関の定める利用規約等」も適用されることに同意します。

 

認証局 利用規約等
コモド社(米国) https://www.comodo.com/about/comodo-agreements.php
ジオトラスト社(米国) http://www.geotrust.com/resources/repository/legal.asp

※(参考)日本語訳
https://www.geotrust.co.jp/resources/repository/
シマンテック(旧ベリサイン社 米国) http://www.verisign.com/repository/

※(参考)日本語訳
http://www.verisign.co.jp/repository/
KDDIウェブコミュニケーションズ http://www.kddi-webcommunications.co.jp/