×

エラー

ウエブマスターはこのサイトにあなたがアクセスすることを許していません

SSL未対応ページに警告表示

ブラウザの「Google Chrome68」(2018年7月リリース)で、SSL(https暗号化通信)未対応ページの場合、アドレス欄に「保護されていません」との警告が表示されるようになる予定です。(Google Security Blog より

SSLを導入されていない方は、早急な対応をお勧めします。

chromeではこれまで順を追って、警告表示が進んできました。

2017年 入力機能を有するWebページに警告表示
2018年 7月 HTTP接続ページすべてに警告を表示開始
2018年 9月 安全前提。httpsの「保護された通信」が非表示
2018年10月 HTTPページの警告が赤の表示に強化

Firfoxでは、パスワードなどの重要な情報を送信するページがSSL未対応の場合、警告が表示されるようになっています。
Internet ExplorerやSafariでは、現時点では警告表示はされていません。
これらのブラウザも、今後の動向を注意する必要があります。

警告表示の例

SSL未対応のページ(http://~)にchromeでアクセスすると、アドレスバーに「保護されていません」との警告が表示されます。

  1. これまでの表示
    nonssl1
  2. 2018年7月から
    nonssl2
  3. SSL対応済のサイト
    ssl

さらに、10月より警告が赤の表示に強化

警告表示が出る環境

このお知らせは、Googleが提供しているChromeブラウザが対象です。
Firfoxでは、現在はパスワードなどを入力する画面がSSL対応していないと警告表示が出るようになっています。
Internet ExplorerやSafariでは、今のことろ警告表示はされていません。

今後、それぞれのブラウザの対状況を注意する必要がありそうです。

SSL導入のお勧め

ChromeのPCでの国内シェアーは、50%程度とみられています。全世界では70%近くです。モバイルの国内シェアは30%程度です。(StatCounterより)
従いまして、非SSLのままですと、多くのChromeユーザーを失う危険性もあります。

SSL導入の目的として、警告表示やSEO上有利にみなされることに注視しがちですが、大切なデータを安全に扱うことや、ホームページの不正利用を防ぐためにも重要なことです。この機会に常時SSL化を進めてはいかがでしょうか。

SSLサーバー証明書取得サービス

当社では、当社サーバーご利用のお客様、未利用のお客様に対して、数種類の銘柄の証明書取得サービスをご提供しています。詳しくはこちらをご覧ください。

常時SSL導入時には、既存のホームページをSSL用に修正する必要があります。これらの修正は、お客様ご自身で行っていただくことが原則ですが、当社では代行して作業(オプション料20,000円~)を行うことも承っております。(当社サーバーに限ります)

 


セキュアサイト


このサイトW3Lab.netは、networksolutions社によって実在が証明されるとともに、通信は高度暗号化されています。