×

エラー

ウエブマスターはこのサイトにあなたがアクセスすることを許していません

サイト公開までの流れ (MultiBiz)


SmartReleaseを利用することで、作成したウェブサイトの動作をテストサイト上で確認してから一般公開することができます。
テストサイトを使用せずに、直接公開サイトへファイルのアップロードをすることももちろん可能です。
 

SmartReleaseを利用してサイトを公開する場合

  1. ウェブコンテンツを準備します。
  2. サーバー管理ツール「ユーザーポータル」にログインし「ウェブコントロールパネル」を起動します。コントロールパネルが起動したら、「テストサイト用設定」から「FTP/ファイル管理」を選択し「FTPアカウントの設定」を開きます。「FTPアカウントを新規作成」してください。
    smartRelease1
  3. テストサイトのアクセス制御を行い、作成したFTPアカウントをFTPクライアントソフトに設定して、サーバー上(テストサイト)にファイルをアップロードします。
    FTPソフトの設定は、以下の公開サイトの部をご参照ください。
    smartRelease3
  4. テストサイト上で挙動を確認し、問題ないことを確認後、SmartReleaseを使ってサイトを公開サイトへリリースします。
    smartRelease5
  5. 一般公開されます。

     

    ※ 転送したくないファイルがある場合は、「除外リスト」で選択することができます。

    amartRelease4

    ※ 一部のファイルやフォルダを選択してリリースすることもできます。

    amartRelease6

     

    直接、公開サイトへファイルをアップロードする場合

    SmartReleaseを利用せず、直接公開サイトへファイルをアップロードすることもできます。

  6. ウェブコンテンツを準備します。
  7. サーバー管理ツール「ユーザーポータル」にログインし「ウェブコントロールパネル」を起動します。
    ftp
     
    FTPアカウントはセキュリティ上、初期状態では設定されておりません。
    FTPアカウントの設定は、ウェブコントロールパネルの「公開サイト用設定」から、「FTP/ファイル管理」、「FTPアカウントの設定」→「FTPアカウント新規作成」ボタンをクリックします。
  8. FTPソフトの設定
    作成したFTPアカウントをFTPソフトに設定します。
    注)アカウントについて
    「テストサイト用設定」と「公開サイト用設」で作成するFTPアカウントは同一のものは作成できません。
    FTPアカウント名は必ず重複しないように設定してください。
    プロトコルとして、通常のFTP接続の他「SFTP」と「FTPS (FTP over SSL)」をお選びいただけます。
  9. コンテンツのアップロード
    公開サイト領域にコンテンツをアップロードします。
  10. サイトの確認
    サイトが正しく表示されていることを確認します。


    ※公開サイトへアップロードしたファイルについては、ユーザーポータルの「SmareRelease」機能「ファイル転送」を使用して、テストサイトに転送することも可能です。

    ※その他詳しくは「オンラインヘルプ」(コントロールパネルの「サポート」部にあります)をご覧ください。