SSL未対応ページに警告表示

ブラウザの「Google Chrome68」(2018年7月25日リリース)で、SSL(https暗号化通信)未対応ページの場合、アドレス欄に「保護されていません」との警告が表示されるようになりました。

SSLを導入されていない方は、早急な対応をお勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください