ビジネス向け

レンタルサーバーW3Lab

メールアドレスエンコード

ホームページ上でメールアドレスを公開していると、ロボット(自動巡回プログラム)等によって収集されてしまいます。
悪い例

収集されてしまうと、スパムメールが多数送られて来るようになります。

そこで、以下のスクリプトを使用して、HTMLエンティティ化しておけば、ロボット収集をいくらかでも防ぐことができます。

HTMLエンティティ化とは.....: 「@」マークを「@」など、文字を記号に変換して表示します。


使用方法

  1. 以下メールアドレス入力欄にアドレスを入力して「変換」をクリックします。
  2. 変換結果欄にエンティティ化したものが表示されますので、そのコードをコピーし、ご自身のhtmlコードのメールアドレスを表示したい箇所にペーストしてください。
貼り付けるときに改行しないで下さい。
下記のソース(エンティティ化していない場合)を変換したものが作成されます。
変換後

ランダムに変換しない文字があります。

メールアドレス:

変換結果:

貼り付けるときに改行を入れないで下さい。

上記を表示させたい位置に貼り付けると下記の様になります。


※ 注意

このスクリプトを使用してエンティティ化したものが、必ずしもロボットに自動収集されないというものではありませんので予めご了承ください。

ホームページにメールアドレスを公開するよりも、CGI等のフォームメールを使用した方が、ロボットにアドレスを収集される危険は減ります。