ビジネス向け

レンタルサーバーW3Lab

ランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について 5/15

2017年3月15日(日本時間)にMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラム MS17-010が公表されました。 この脆弱性がランサムウェアの感染に悪用され国内を含め世界各国で被害が確認され、英国では医療機関において業務に支障が出るなどの深刻な影響が発生しています。 ランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できない被害が発生する可能性があります。 https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html

※ランサムウェアとは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語です。感染したパソコンに特定の制限をかけ、その制限の解除と引き換えに金銭を要求する挙動から、このような不正プログラムをランサムウェアと呼んでいます。

ランサムウェアに感染しないために、以下の対策(詳細は上記URL参照)を行ってください。

  1. 不審なメールの添付ファイルの開封やリンクをクリックしない。
  2. 脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用
  3. ウイルス対策ソフトを更新する

-------------------------------------------

標的型メールや、ウイルス付きメールなどの速報です。情報処理推進機構(IPA)や、警視庁サイバー犯罪対策課、その他当社で独自に把握した情報です。セキュリティ対策にご参照ください。


<<< メール添付ファイルの取り扱いについて >>>

1.添付ファイル付きのメールは厳重に注意してください。
 見知らぬ相手からのメール添付ファイルは危険です。

2.添付ファイルの見た目に惑わされないでください。
 ファイル拡張子を安全なファイルに見せかける方法が使われることがあります。

3.知り合いや実在の組織から届いたメールも危険です。
 添付ファイルを開かせるために、これらを装ってウイルスメールを送信してくる場合があります。

4.見知らぬ相手からのメール内にあるリンクを不用意にクリックしないでください。
 リンク先サイトに悪意のあるスクリプトが仕組まれていることがあります。

ホームページ制作

ツールチップ

このサイトはhttps://通信により暗号化されています。