ビジネス向け

レンタルサーバーW3Lab

WordPress4.7(ProBiz)インストール

ここでは、世界中で最も人気のあるCMSの一つであるWordPressを、ProBizサーバーへインストールする方法をご紹介します。
以下の手順に従ってインストールを進めれば、とても簡単にWordPressを使用することが出来るようになります。

インストール後は、別途説明するセキュリティ設定を行い、綺麗で豊富なテンプレートからお好きなものを選択して、独自のブログやホームページを作成していただけます。

1.「サイトマネージャー」にログインします。

コントロールパネルにアクセスし「サイトマネージャー」にログインしてください。サイトマネージャーのユーザー名とパスワードは、サーバー設定案内メールでご案内済です。 

sitemanager login

2.必要に応じて子ドメインを追加します。

サーバー初期設定時「http://あなたのドメイン.com/」等として設定されています。「http://www.あなたのドメイン.com/」のように「www」付きでもアクセスできるようにしたい場合、ここでの設定を行ってください。「www」付きアクセス不要であれば、この設定をする必要はありません。

サイトマネージャーのメニュー「サイト管理」+「ドメイン」+「子ドメインの追加と削除」を開いてください。必要事項を入力し「新規登録」ボタンを押してください。

入力例)

  ドメイン名: www.あなたのドメイン.com
  送信ドメイン認証: メールを使用しない
    (メールは親ドメイン名「www無」で使用するため、子ドメインでは使用しません)

controlpanel child domain

3.MySQLデータベースを起動します。

サイトマネージャーの「WEB & FTP管理」+「MySQL管理」+「MySQLのNO-OFF」を開いてください。

データベースは1から3までの3個使用することが出来ます。使用したい未使用状態のデータベースを選び、「ON/OFF」を「ON」にチェックし「設定」ボタンを押して起動させてください。後の手順で使用しますので、起動したデータベースの情報(DB名、DBユーザー名を控えておいてください。)

controlpanel database

4.CGIインストール機能を起動させます。

サイトマネージャーの「WEB & FTP管理」+「CGI管理」+「CGIインストール」を開いてください。必要事項を入力し「利用規定を承諾しインストール」ボタンを押してください。ご利用は利用規定に承諾いただくことが前提です。

入力例)

  プログラムの種類: S-102 WordPress
  ディレクトリ名: blog

ディレクトリ名には「mysite」、「wppage」、「blog」など、任意の名前を入力してください。ここに入力したディレクトリにWordPressがインストールされます。その結果、例えば 「http://あなたのドメイン/blog/」 がWordpressのURLとなります。

ご参考)
  後で「http://あなたのドメイン/blog/」を「http://あなたのドメイン/」でアクセスさせる設定も可能です。

controlpanel cgi install

5.CGIインストール完了を確認します。

CGIインストールが完了し、管理用のURLやアカウント名、パスワードが画面表示されます。次のステップで使用しますので、これらを控えておいてください。その後、URLをクリックして「管理メニュー」にアクセスしてください。

controlpanel cgi install2

6. 管理メニューにログインします。

初期ログイン情報で「管理メニュー」にログインしてください。初期ログイン情報は、次の7の手順で必ず変更してください。

管理用アカウント: admin
管理用パスワード: admin

wordpress login

7.管理用パスワードを変更します。

「 1.管理用パスワード変更」をクリックしてください。

wordpress control

8.新しいパスワードを指定します。

他者から推定されにくい複雑なパスワード(半角英数字8文字以内)を入力し、「変更」ボタンを押してください。
必ず変更してください。そうしないと他者に不正操作される危険性が極めて高くなります。

wordpress control pass

9.WordPressの初期設定を行います。

管理ページの「2. WordPressの初期設定」をクリックしてください。インストール後始めてアクセスしたときに必ず実行してください。

wordpress init

10.データベース情報の準備をします。

上記3の手順で記録していたデータベース名(DB名)と、データベースユーザー名(DBユーザー名)を用意します。データベースのパスワードは、サーバー設定案内でご案内済の初期パスワードです。次の手順でデータベースへの接続エラーが出る場合、パスワード相違の可能性があります。パスワード相違の場合、サイトマネージャーの「WEB & FTP管理」+「MySQL管理」+「MySQLパスワードの初期化」を行ってください。

接続情報の確認が出来たら「次に進みましょう!」ボタンをクリックしてください。

wordpress init2

データベース名 3の手順で記憶していたデータベース名
ユーザー名 3の手順で記憶していたデータベースユーザー名
パスワード サーバー設定案内メールでご案内済 
データベースのホスト名 localhost
データベースの接頭辞 システムで自動設定 (特に理由がなければ変更不要)

11.データベース情報を入力します。

上記手順10で集めた情報を入力し「作成する」ボタンを押してください。

wordpress init3

12.データベース設定完了を確認し、インストールを進めます。

「インストールを実行しましょう!」ボタンを押してください。

wordpress init4

13.WordPress必要情報を入力します。

サイトのタイトルや、メールアドレスを入力して「WordPressをインストール」ボタンを押してください。

wordpress init5

14.WordPressのインストール成功確認

WordPressのインストールを確認し、表示されている「ユーザー名」と「パスワード」を控えてください。その後「ログイン」ボタンを押してください。

wordpress init6

15.WordPressへの初回ログイン

上記手順14で指定されたログイン情報で、WordPressへログインしてください。

wordpress login2

16.WordPressを最新の状態にアップグレードします。

画面上に「アップデートしてください」と表示されていたら、クリックすれば最新の状態にアップグレードできます。上記手順のインストールでは最新版のWordPressがインストールされず「アップデートしてください」と表示されているはずですので、必ずアップデートを行ってください

wordpress update

17.アップグレードを実行します。

「自動アップグレードを実行」ボタンを押して、アップグレードを実行してください。「-ja」を使用してください。「_US」を使用すると英語版になりますので、注意して実行してください。

wordpress update2

18.アップグレードの完了を確認します。

エラーなく、正常にアップグレードされたことを確認してください。その後、「ダッシュボード」ボタンを押してください。

wordpress update3

19.最新のバージョンになっていることを確認します。

「ダッシュボード」をクリックしてください。画面左に赤文字で更新などと表示されていたら、クリックすれば最新の状態にアップグレードできます。更新がなければアップグレードの必要はありません。更新などのように、数字が残っていればまだ更新が存在しています。更新数字がなくなるまで更新を実行してください。

画面左の「メニューを閉じる」をクリックすれば、メニューを閉じたり広げたりできます。

wordpress update4

以上で、基本的なWordPressのインストールが完了しました。

20.注意事項

  1. 更新を実行すると、各種プラグインとの整合性などの問題から、サイトが動作しなくなる可能性があります。更新作業を行う場合には、必ず事前に「バックアップ」を行ってください。
  2. バックアップを行うには、ProBizには有料バックアップオプションがありますので、そちらをご利用いただく方法があります。
  3. WordPressには豊富なバックアッププラグインが存在していますので、それらを導入してバックアップを行っていただくことも可能です。「BackWPup、UpdraftPlus、BackUpWordPress、WPBackItUp Backup & Restore、WordPress Backup to Dropbox等」これらを使えば、簡単にバックアップを行えます。
  4. バックアップは万一(データセンタの障害等でバックアップを含め全データが消失)の安全のために、サーバー以外のご自身のPCなどにも必ず行ってください。
  5. WordPressは人気があるため、不正な攻撃の標的になりやすいことも事実です。更新は、これらの攻撃を防ぐ意味でもきわめて重要です。管理画面に頻繁にログインして、更新の有無を確認し、更新があるときには速やかにアップグレードを行ってください。