Email Forwarding (メール転送)
1. 機能

メール転送は、取得されたお客様のドメイン名を用いて転送用のメールアカウントをお作りいただき、これを既存のメールアカウント(POP)に自動転送する機能です。

メール転送の設定につきましては、ウェブコントロールパネルにより簡単に行うことができます。

以下はマニュアル(手作業)による設定方法です。どちらもホームディレクトリ( /home/○○○/ )上にある「.redirect」ファイルを編集することにより、メール転送を実現しています。


2. 「.redirect」ファイル

いま、DavidとSusanはそれぞれ次のメールアカウントを持っているものとします。

David: CXJ14324@niftyserve.or.jp
Susan: 59632.452@compuserve.com

新しくw3lab.comというドメインを取得したので、転送メールアカウントとして、david@w3lab.comと、susan@w3lab.com というアカウントを設定します。

このような設定は、.redirect というファイルを作成し、これをお客様のホームディレクトリ( /home/○○○/ )に置くことにより行なうことができます。


3. 「.redirect」ファイルの作成

.redirect ファイルは、エディタ(ノートパッド等)で次のように作成します。

default お客様のドメイン@お客様のドメイン.com
david CXJ14324@niftyserve.or.jp
susan 59632.452@compuserve.com

このファイルを作成する時には以下の点にご注意ください。

  1. 個々のアカウント名(ここではdavid、susan)は左詰めで記述してください。

  2. 個々の名前とメールアドレスの間は、スペースで空けてください。

  3. 最終行の下にはスペース(ライン)を作らないようにしてください。
上記のファイルを作ったら、「redirect」で保存してください。


4. 「.redirect」ファイルの転送
  1. 「redirect」ファイルをASCIIモード、ないしTEXTモードでお客様のホームディレクトリ( /home/○○○/ )にFTPで転送してください。

  2. 「本当にピリオドから始めるのですか?」という質問が多いですが、Unix上ではこのようなファイル名が使えます。

    /home/○○○/.redirect

  3. 転送後に「.redirect」ファイルの中身を確認したい場合には、SSH(Telnet)でお客様のホームディレクトリに行き、「cat .redirect」というコマンドを入れてみてください。ファイルの中身が表示されます。

5. メール転送機能の利用
  1. 転送メールアカウントは自由にいくつでも(上限1,000件)設定していただけます。

  2. 初期設定で「default」「○○○@○○○.com」が設定してあります。 このデフォルト(default)エントリー行がある場合は、アカウント (POPまたは転送) として存在しないアドレス宛のメールも含め、 すべてのメールを「○○○@○○○.com」アドレスで受信します。

    このエントリー行を削除すると、電子メールのエイリアシング機能が排除され、スペルミスがあるメール、アドレスが不正確なメールなど、 アカウントとして存在しないアドレス宛のメールは受信しなくなります。送信元にエラーメールも戻りません。

    スパムメールの多くは、架空のアドレス宛に送信されてきますが、この設定によりこれらを受信しなくなります。 ただし、重要なメールをも捨ててしまう可能性がありますので、ご留意ください。

    アカウントとして存在しないアドレス宛のメールに対して、「User unknown」エラーを戻すには、「default」エントリーの行き先を「Unknown_User」または「Bad_User」にしてください。 特定のアカウントのみ「User unknown」エラーを戻すには、該当のアカウントの行き先を「Unknown_User」又は「Bad_User」にして下さい。

  3. メールの転送先として、複数のアドレスを指定したい場合には、カンマで区切ってアドレスを並べてください。たとえば、example@○○○.com 宛てのメールを CXJ14324@niftyserve.or.jp と 59632.452@compuserve.com に転送したい場合には、以下のようにしてください。

    example CXJ14324@niftyserve.or.jp, 59632.452@compuserve.com

  4. メールの受信は転送先のPOPメールアドレスにおいて行います。転送元のアドレスにはメール内容は残りません。従いまして、転送元のメールアドレスはPOPアカウントとして設定する必要はありません。

  5. 絶対に、メールが循環してしまうような設定はしないでください。たとえば、

    abc abc@○○○.com

    のような設定は、メールが循環してしまうことになります。

Back To Index

Copyright © レンタルサーバー W3Lab Co., Ltd. All rights reserved.