電子メールへのアクセス
独自ドメインでサーバーを立ち上げると、プロバイダ等から発行されている既存のメールアカウントではなく、○○○.com ドメインでメールを送受信できます。例えば、kimura@○○○.com , aoki@○○○.com など、@の前を自由に設定してメールの送受信ができます。

メールの送受信を行うには、一般的に「MozillaThunderbird」「Outlook Express」「Becky!」等のメールソフトを利用します。 これらは Windows、Macintosh で稼動する電子メールプログラムです。
また、サーバーに「php」をインストールすれば、ウェブメールが使用できます。 ウェブメールを使用すると、ブラウザでメールの送受信が可能です。
なお、SSHアカウントであれば、サーバー上のソフトである「pine」を使用してのメール操作も可能です。


例えばOutlook Expressをセットアップするために:
○○○.com ドメインでメールを送受信するには、Outlook Expressをあなたのサーバ用に設定しなければなりません。

  1. 先ず、使用したい電子メールアドレス(例えば sales@○○○.com)をサーバー上で作成します。ブラウザでウェブコントロールにアクセスし、「User Manager(ユーザーマネージャー)」より作成してください。 詳しくはこちら
  2. 次に、お使いのPCのOutlook Expressプログラムに、上で作成した電子メールアドレスを追加設定します。
  3. 「ツール」→「アカウント」→「追加」→「メール」を選択します。
  4. 受信メール(POP)サーバーに「○○○.com」を、送信メール(SMTP)サーバーにも「○○○.com」を指定して下さい。
  5. アカウント名にはユーザーのアカウント名を入力して下さい。 例えば sales@○○○.com であれば 「sales」と入力します。
  6. 上記1の電子メールアドレス作成時に指定したパスワードを入力して下さい。

メールを作成・閲覧する場合はオフラインでも構いませんが、メールを送受信する場合は、必ずオンラインであることを確認してください。

注意:
サーバにメールアカウントがあっても、ドメインがレジストリに正しく登録されていなければ、「yourname@○○○.com」でメールを送受信することはできません。
注意:
ご契約プロバイダが「Outbound Port25 Blocking」を導入している場合、独自ドメインでのメールの受信はできても送信ができないことがあります。 そのときには、メーラーソフトの設定で、サーバーの送信メール(SMTP)ポートを「587」にセットしてください。(通常は「25」がセットされています。)


Back To Index

Copyright © レンタルサーバー W3Lab Co., Ltd. All rights reserved.